メニュー

当院のリハビリテーションについて

リハビリテーションとは?

リハビリテーションの語源はラテン語で、re(再び)とhabilis(適した)を合わせたもので、「その人にとって再びふさわしい状態になる」ということが語源です。

当院では「運動器リハビリテーション」と呼ばれる筋肉や関節運動を中心としたリハビリテーションを行っています。痛みを取るだけでなく、ご自身の生活に目を向けてもらい、痛みに関連する身体機能の改善や動きの再獲得、痛みの再発予防を行います。患者さんの生活全体像を考え、痛みや障害によって妨げられてしまった「豊かな生活」を取り戻していくことがリハビリテーションの目標になります。

※近年、国内外の慢性痛(長引く痛み)に対する治療ガイドラインや多くの臨床研究から、機械による物理療法より運動療法のほうが、痛みの軽減に対してより効果的であると言われています。

 

当院リハビリテーションの特徴

1)リハビリ室に超音波(エコー)診断装置を設置

当院では診察室だけでなくリハビリ室にも超音波(エコー)診断装置を設置しています。今までの手の感覚や動作による診断に加え、超音波(エコー)では体の内部の炎症、痛みを発している部位の診断が視覚的に可能になります。

2)医師とセラピストのタッグ

医師とセラピストがリアルタイムに体の内部を観察できる超音波(エコー)を用いて、病態を双方で「可視化」していくことで適切な評価が可能となり、それに基づいて治療を行っていきます。リハビリテーションだけでは改善が難しい場合、必要な治療(薬剤、注射、手術など)を追加していきます。当院では、からだの痛みに対しドクターによる専門的な注射治療とセラピストのリハビリテーションの両方を「一つのクリニック」で受けられることが、他のクリニックとは違う大きな特徴となっております。

3)子どものリハビリテーション

子どもの「姿勢による痛み」や「歩行の痛み」などのリハビリテーションを行っております。子どものリハビリテーションの経験豊富な専門のセラピストが対応いたします。

4)インソール調整、靴選びのアドバイス

ヒトはそれぞれ足、足の指の「かたち」や「使い方」が異なり、歩くことによって痛みが生じてしまうことがあります。セラピストが、一人一人に合わせたインソール、靴選びのアドバイスをいたします。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME