メニュー

慢性頭痛(片頭痛、緊張型頭痛など)の治療

まず当院では、発熱 かぜ症状のある頭痛患者さんの来院受診はできません。→リウマチなど感染に弱い患者さんも通院するリハビリテーション施設であるため、感染症の疑いのある方は、来院受診できません。予めご了承ください。

「片頭痛」 の発作治療薬、予防薬投与でも軽快しない場合、治療と予防含めてブロック注射の適応があり、血液検査などで安全を確認の上で施行します。

頑固な緊張型頭痛、頚原性頭痛、群発性頭痛についても、「神経ブロック」をご希望の方は「痛み」の専門医へご相談ください。

神経ブロックの補助治療として、和漢東洋医学(漢方)薬の処方もいたします。

頭痛薬、漢方薬の指定処方のみの受診は、お控えいただいております。指定された処方にも、血液、エコー、レントゲンなどの検査は診断のために必須となりますので、予めご了承ください。

※前医からのセカンド・オピニオン(治療相談)に該当とする判断した場合、自由診療(15分 7500円)の請求になります。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME