メニュー

神経ブロック注射、「ハイドロリリース」 による痛みの専門治療

神経ブロックによる痛みの治療神経ブロック注射とは、麻酔薬を用いて痛みを緩和させる治療法です。

ペインクリニックで伝統的に行われる神経ブロック注射に、星状神経節ブロックと硬膜外ブロックがあります。現在は超音波エコーの発展もあり、非常に細い末梢神経も可視化され、正確に神経ブロック注射を行えるようになりました。

また各種関節ブロック、神経根ブロック、硬膜外洗浄、硬膜癒着剥離術などを駆使して鎮痛を図ります。

当院の特徴として、神経ブロック注射、関節注射、神経ブロック注射から派生した「ハイドロリリース※」などを併用し鎮痛を得てから運動器リハビリテーションを実施します。その効果は電気をながす治療やマッサージに比較して、非常に高いことが多数報告されています。

 

※医療機器の進化によって、筋肉・神経・血管など人体の組織をmm単位で詳細に観察できる超音波エコーが開発されました。痛みの原因として、筋肉を包んでいる筋膜(ファシア)が関与していることが近年になり分かってきています。超音波画像でリアルタイムに筋肉や周辺組織を確認しながら、筋膜(ファシア)へ正確に薬液を注射して筋膜の癒着を剥がすことで、癒着によって妨げられていた筋肉の動き(滑走性)が改善して、痛みやしびれなどの症状を改善すると考えられています。この手法が、「ハイドロリリース」と呼ばれていいます。(詳細は、日本整形内科学研究会 https://www.jnos.or.jp/for_medical を参照してみてください)

 

しつこい痛みには、姿勢など日常生活の改善、栄養など身体のメンテナンスが必須になりますので、患者さんと一緒に治療計画を考えていきます。

ペインクリニックの治療は、20-70代の方々に幅広い適応があります。80代でも帯状疱疹などを筆頭に良い適応もありますが、個人差が大きくなります。ご高齢の方は、​最初、ご家族の同伴が望ましいでしょう。

「神経ブロック注射」には、血液、エコー、レントゲンなどの検査は診断のために必須となりますので、予めご了承ください。→トラブルの未然防止のため、血液検査による出血傾向のチェック、「慢性感染症・リウマチ・悪性腫瘍などの除外」は必須となります。

 

※患者さんがどこに受診してよいか分からない
顔面神経麻痺(後遺症ふくむ)、舌痛症、突発性難聴の急性期(4週以内)、非定型顔面痛、手術後痛など神経ブロックの適応があります。

前医からのセカンド・オピニオン(治療相談)に該当とする判断した場合、自由診療(15分 7500円)の請求になります。

※トップメニューにある【よくあるご質問】ページも是非ご覧ください。
https://spr-cl.jp/よくあるご質問

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME